ハワイ旅行者は注意!TSAロックのマスターキーが流出、誰でも解錠可能

   

ハワイ旅行の必需品である、TSA ロック付きのスーツケース。

アメリカへの飛行機へ預け入れることができる荷物は2通り。

  1. TSAロックが装備されているスーツケース
  2. ロックがかからないスーツケース(荷物)

9.11の同時多発テロ以降、アメリカを発着する航空機では荷物の検査が厳重化。

そこで導入されたのが、TSAロック。アメリカ運輸安全局が指定したです。

施錠した状態で荷物を預けることができ、かつ、空港では職員のみが中身をチェックできるという仕組みです。

マスターキー」を空港職員が持っているため、

TSAロックを装備したスーツケースに限って、ロックをかけた状態で荷物を預けることができます。

 

そんな便利なTSAですが、

全てのスーツケースの解錠が可能なマスターキーの情報が流出するという事件が起こっています。

発端はTSA職員がマスターキーの写真をインターネットに公開。

その画像を解析した一部のユーザーが3Dデータを作成。

3Dプリンタなどで合鍵を簡単に作れてしまいます。メディアによると、「すでに、実際にコピーを出力しTSAロックを解錠している動画も投稿されている」そうです。

 

そんなことから、誰もがスーツケースを解錠可能な状態になってしまっています。

スーツケースの中身を狙った盗難事件が起こる可能性が高いです。貴重品や無くなったら困るものは預けないようにしましょう。

特に、高価で人気の高い「RIMOWA」(リモワ)スーツケースは狙われやすいと思います。

ハワイ旅行に必要なTSAロック付きスーツケース。利用には注意をしてください。

 

マハロ!

 - ハワイ旅行ニュース