ハワイ旅行で人気のクレジットカード「JALカード」、最大10,600マイルのキャンペーン実施中!

      2017/10/04

「マイルを貯めてハワイに行けたらな…」という人たちから強い人気があるのが日本航空が発行するJALカードです。

なぜ、JALカードはハワイ通に人気なのでしょうか。

実際の申し込みの流れ審査の状況を交えて、その理由を探りたいと思います。




現在、JALカードでは限定入会キャンペーン(Amazonギフト券プレゼント)を実施しています。
本ページ下部で紹介していますが、待てない!という方はこちらをご覧ください。

キャンペーン専用サイト⇒ JALカードキャンペーン中!

ハワイ通の間でJALカード人気の理由は「マイル」の使いやすさ

ずばり、JALカードを持っているとハワイ旅行に無料で行けるチャンスが増えるため、ハワイ旅行とJALカードは相性がいいと言われています。

ハワイ旅行がJAL便を利用する場合、JALカードを持っていると「マイル」が爆発的に多く貯まるようになります。

201702JALカードキャンペーン02

たまったマイルはエコノミークラスの場合、40,000マイルで日本~ホノルル間の無料航空券と交換することが可能です。

マイルの貯まりやすさもGood!1回のハワイ旅行=1人分の特典航空券

それでは、具体的に、貯めることができるマイル数のシュミレーションをしてみましょう。

1回のハワイ旅行でゲットできるマイルは片道3,817マイル、往復で7,634マイル。(エコノミークラス往復)

これは1人あたりゲットできるマイル数。家族4人で行った場合の合計は30,536マイル。

通常では家族同士のマイルを合算することはできませんが、JALカード入会者のみ登録できる「ファミリーマイル」へ登録すると、家族・親せきのマイルを合算することができます。お得ですね。

フライトの他、JALカードで決済を行うと100円=1マイル貯まります。普段のクレジットカード決済JALカードにまとめて、年間100万円の決済を行えば10,000マイル獲得できます。

jal%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%83%b32016

JALは他社よりもマイレージ予約がしやすいと評判

マイルを使ってハワイ旅行を予約する場合、もっとも予約しやすいと言われているのがJALマイレージプログラムです。

その理由は2つ。東京(羽田・成田空港)だけでなく名古屋(中部国際空港)、大阪(関西空港)といった日本各地ハワイ線が就航しているからです。運行便数が多く、就航地も多いのがポイント

次の理由は、ハワイへの必要マイル数が他社よりも少ないという点。ANAはシーズンごとに、必要マイル数が変動します。(閑散期35,00マイル、通常期40,000マイル、繁忙期45,000マイル)

いっぽうのJALでは年間を通じて、40,000マイル。一定です。

ハワイ旅行を検討する時期は年末年始や春休み、夏休みがメジャー。そうなると、ANAで予約する場合は繁忙期しか狙えなくなってしまいますね。

口コミでも、「JALのほうが取れやすいと思います」「ANAは希望の日時ではマイル残高が必要マイル数に足りず、ハワイ行きを諦めました」という評判を目にします。

入会キャンペーンを利用して、2人目、3人目の特典航空券も狙ってみよう

現在行われている特別キャンペーンを利用してJALカード入会を行うと最大で11,500マイルがプレゼント(VISA,Masterは9,500マイル)されます。

そのほかにも、JALマイレージバンクでは、対象者限定でマイルが2倍になったり、路線限定でボーナスマイル付与のキャンペーンが行われています。

家族分のハワイ行きチケットを特典航空券としてマイルで手配することも現実的です。

実際に入会申し込みを行いました。審査状況から、カード到着まで

「ハワイ通はJAlカードを使う!」というクチコミ情報が気になり、JALカード入会申し込みを行いました。

私は20代の会社員です。30代、40代の方私よりもクレジットカード会社からの評価が高くなる傾向にあります。私の審査状況を参考にして申し込みを行ってみてはいかがでしょうか。

入会申し込み画面はこんな感じ

本リンク(ご入会はこちら)をクリックすると、JALカードの種類を選択する画面が表示されます。
20160616JALカード審査01
20160616JALカード審査04

VISAカードやマスター、JCBやアメックスなどさまざまな種類があります。私はJCBカードを選択。

住所や氏名、生年月日や年収を空欄に埋めていくと、金融機関を指定する画面が表示されます。
私は確実にカード発行にこぎつけるため、「キャッシング枠」をゼロにして申し込みました。

審査のポイントは「キャッシング枠」

キャッシングとはATMから現金を引き出せるサービスなのですが、通常のカード決済とは違い借金という枠です。
これをゼロにするということは、「借金はしませんよ」という意思表示につながります。そのため、カード会社としては発行しやすくなります。

なお、私がよく質問されることなのですが、キャッシングをゼロにしてもカード決済限度額には影響しません
すべて入力し、確認を終えると「審査が始まります」という旨のメールが届きました。

20160616JALカード審査08

カード到着

無事に審査可決となりました。ようやくJALカード書留郵便で送付されてきました。
申し込みから3週間ほど経っています。ハワイ旅行の場合、カード到着までの日数を余裕をもって申し込むのがおすすめです。

20160616JALカード審査11

さまざまなパンフレットが入っているであろう、分厚い封筒を開いてみます。
封筒の中にはJALカード利用可能枠が記された紙やカード利用規約が同封されていました。
下の画像を見て「おや」と思われた方は鋭いですね。
ANAカードデルタ・アメックスで同封されていた航空会社側(JALカード側)の冊子が入っていません。
問い合わせを行おうかと思った矢先、それらは数日後に別の郵送物として到着しました。

20160616JALカード審査12

20160616JALカード審査13

券面には鶴丸が描かれ、カッコいいデザイン。経営再建後の強いJALを象徴しているかのようですね。
さて、私が申し込みを行ったのはJCB普通カードです。申し込み画面にはさまざまなカードラインナップがありますが、なぜ、普通カードを選んだのか。

初年度の年会費が無料であることに加え、初回フライトボーナスマイルなどが(他の有料カードに比べて)劣らなかったためです。

例えばJALカードプラチナをゲットした場合のボーナスマイルは5,000マイル(年会費33,480円)。本JALカードのボーナスマイルは1,000マイル(初年度年会費無料)。

4,000マイルに33,480円の価値は無いでしょうから、まずは普通カードで申し込むのが得策です。
私は翌年以降、別カードへ切り替えを行おうと画策中です。

限定の入会キャンペーンでAmazonギフト券をゲットしよう!

現在、JALカードでは限定入会キャンペーン「うれしいチョイス」が実施されています。

Amazonギフト券もしくはマイルがプレゼントされるキャンペーンです。

201702JALカードキャンペーン01

中途半端な数のマイルをもらって、使い道に困ってしまうこともあります。Amazonギフト券がもらえればより嬉しいですね!

詳細はキャンペーンサイトをご覧ください。

キャンペーン専用サイト⇒ JALカードキャンペーン中!

ハワイに持っていきたい「JALカード」

JALのマイレージプログラムは特典航空券がゲットしやすいこと、JALカードを利用すればボーナスマイルを獲得できることから、JALカードはハワイ旅行で人気のクレジットカードです。

特にファミリーマイルとして家族のマイルを合算するとその恩恵は絶大ですね。

この機会に、入会を検討してみてはいかがでしょうか。



 - ハワイ旅行のコツ, ハワイ旅行のフライトでお得なクレジットカード