マイルを貯めて、ハワイ旅行!必要なマイル数は?お得な航空会社をご紹介!

「とりあえず貯めている」マイル。ハワイへの無料航空券と交換することができたら嬉しいですよね。

特典航空券の交換に必要なマイル(=ポイント)数を比較し、裏ワザも紹介します。

LCCの就航が少ないからこそ、マイルでハワイに行きたい

東京からハワイ、ホノルル国際空港へは毎日12便以上もの飛行機が往復しています。

安いと評判のLCCは関空からの就航がありますが、必ずしも格安運賃がゲットできると限りません。

そこで活用したいのが、大手航空会社のポイント制度「マイル」です。

マイルでハワイに行ける航空会社はたくさん

ハワイまでマイルで行ける航空会社の選択肢はとても多いです。

日本のANA(全日空)JAL(日本航空)、ハワイのハワイアン航空

そのほかにはアメリカのユナイテッド航空デルタ航空、そしてアジア系の大韓航空、チャイナエアライン。

わかりにくい「マイル」

しかしながら、マイル(ポイント)制度は複雑で、分かりにくいです。

何度かハワイへ訪れたことがある友人は

「とりあえずためてるけど・・・」「どのくらい貯まるのか分かりにくい」「もうちょっと交換できそうなのに、あと少し足りなくて使えない・・・

と言っています。

今回は、マイルの使い勝手も良く、貯めている人も多い、ANA、JAL、ハワイアン航空、ユナイテッド航空、デルタ航空に絞って必要マイル数を比較しました。

航空会社別!ハワイ往復、必要なマイル数はこれ!

東京からハワイ(ホノルル)までのマイル交換に必要なマイル数を一覧表にしました。

就航地が多く、便利な順に並べてあります。

ANA(全日空)の必要マイル数

搭乗シーズン エコノミー ビジネス
ローシーズン(閑散期) 35,000マイル 60,000マイル
レギュラーシーズン 40,000マイル 65,000マイル
ハイシーズン(繁忙期) 45,000マイル 70,000マイル

※往復予約する必要あり

閑散期と繁忙期で必要マイル数に差がありますが、その分、夏休みやGW、冬休みでも特典航空券が取りやすいと言われています。

数あるANAカードの中で、ハワイ旅行に向いていると感じるのが「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」です。羽田・成田空港から1日3便のハワイ線を運航しているANA(全...

JAL(日本航空)の必要マイル数

搭乗シーズン エコノミー ビジネス
変動なし 40,000マイル 60,000マイル

※片道づつ予約可能

2019年からは特典航空券PLUSという制度が始まりました。

今までは空席に限りがありましたが、混雑時は追加マイルを払うことで乗ることができます。

「マイルを貯めてハワイに行けたらな…」という人たちから強い人気があるのが、日本航空が発行するJALカードです。キャンペーン専用サイト⇒ JALカードキャンペーン中!ハ...

デルタ航空の必要マイル数

搭乗シーズン エコノミー ビジネス
変動あり 非公表 非公表

※片道づつ予約可能

必要マイル数は(指摘により)2019年以降から公表できないこととなってしまったため、要点をまとめます。

必要マイル数はシーズン変動制で、片道づつ購入が可能、提携先の大韓航空とチャイナエアラインに乗ることもできる点が特徴です。

実際のマイル数はデルタ航空の予約画面から調べることができます

マイル残高が少なくても、行きデルタ+帰りJALという裏ワザも可能です。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの新しい入会キャンペーンが開始されました。キャンペーン内容は、入会で最大33,000マイルのプレゼン...

ハワイアン航空の必要マイル数

搭乗シーズン エコノミー ビジネス
スーパーセイバー 80,000マイル
セイバー 120,000マイル 130,000マイル
フレックス 160,000マイル 260,000マイル

※片道づつ予約可能(スーパーセイバー除く)

JALとハワイアン航空が提携したことにより、JAL国内線でも、ハワイアン航空のマイルを使った予約が可能になりました。

ためたマイルがハワイ往復には足りない、という場合には活用したいサービスです!

ユナイテッド航空の必要マイル数

利用航空会社 エコノミー ビジネス ファースト
ユナイテッド便 50,000マイル 80,000マイル 125,000マイル
ANA便で使う場合 50,000マイル 100,000マイル

※片道づつ予約可能

ユナイテッド航空のマイルを使って、ANA便に乗ることもできます。

マイルがあとちょっと足りない!そんなときの裏ワザは・・・

上の必要マイル数を見てみて、「あと少しでマイルが交換できるのに!」と思った方に教えたい裏ワザがあります。

でも、マイルは売っているものではないし、マイルのためにわざわざ飛行機に乗るのは本末転倒。

そこで活用したいのが、クレジットカードの入会キャンペーンです。

航空会社と提携したカードや、さまざまな会社のマイルに交換できるポイント制度があるカードがあります。

入会するだけ10,000マイルから60,000マイルもプレゼントされるカードもあり、飛行機に乗らずともマイルを獲得することができる裏ワザです。

JAL、ANA、ユナイテッド、デルタのマイルに交換+無料宿泊券プレゼント「SPGアメックス」

SPGアメックスはマリオットホテルグループとアメックスが提携しているカードです。

カードでたまるポイントはマリオットホテルのポイントですが、そのポイントは40社のマイルに交換できます

100円=3ポイント、3ポイント=1マイルで移行。

さらに、カード更新時には宿泊無料券のプレゼントもあり、年会費以上の価値があります。

マイル移行にかかる時間は(初回を除いて)かなり短いので、私も活用しています。

現在、スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードに入会すると、30,000ポイント+ホテル上級会員資格を獲得できるキャンペーンを実施中です。...

全15社で使えるマイルをプレゼント「アメックス・スカイトラベラー」

スカイ・トラベラーは全15社の航空会社のマイルに1,000ポイント=1,000マイルで交換でき、ポイント有効期限もないというカードです。

ハワイ路線で活用できる移行先はANA、チャイナエアライン、デルタ航空です。

旅行代金の支払い予定がある人にオススメ。

ハワイ旅行の代金支払い前に、ぜひチェックしておきたい情報があります。それはアメックス・スカイ・トラベラーカードの入会で3,000マイル+支払いで5,000マイルがプレ...

デルタ航空のマイルが足りないなら「デルタアメックス」

デルタ航空とアメリカン・エクスプレスが提携しているカードです。

マイルだけでなく、上級会員資格「ゴールドメダリオン」プレゼントされるのでオススメ!

エコノミーでもビジネスクラス用ラウンジが使えたり、プレミアムエコノミーに無料でアップグレードしてくれるサービスもあります。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの新しい入会キャンペーンが開始されました。キャンペーン内容は、入会で最大33,000マイルのプレゼン...

マイルで特典航空券を狙うなら、ここがおすすめ

ハワイ行きのエコノミークラスの特典航空券を狙うのならば、JALがおすすめです。

必要マイル数が少なく、シーズンによる必要マイル数の変動がないから。

家族分をマイルで特典航空券を狙う場合、必要マイル数が少ない方が有利です。

競争率が低いのはデルタ航空

デルタ航空のハワイ行き特典航空券はANAやJALよりも取りやすいと評判です。

日本人にとってデルタ航空はなじみが少ない分、競争率が低いのかもしれません。

デルタ航空は東京・大阪・福岡(曜日運航)からホノルルに就航していますし、提携しているチャイナエアラインと大韓航空の便も予約できます。

マイルを活用して、お得にハワイ旅行に行こう!

LCCよりも大手航空会社のほうが選択肢が多い、ハワイ。

マイルを活用すればファミリーも、カップルもお得にハワイに行けます。

フライト代が浮いたぶん、ハワイで宿泊するホテルのグレードを上げれるかもしれませんね。

「ちょっと足りない時」の裏ワザを使ってみたり、競争率の低めな航空会社を狙ってみるなど、いろいろな選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

口コミ投稿者が選んだ!ハワイ予約の人気ランキングBEST3
H.I.S. ハワイ旅行

価格・内容のバランスが良いHIS。
オンラインからの予約方法がわかりやすく、比較しながら決められるのが人気!
安心感と価格が両立されていて、コスパ重視の人から人気です。

【9/30まで】Hawaii早めが得キャンペーン!最大30,000円引き!

エアトリ Hawaii旅スタイル

格安ツアーやホテルなど、価格に特化。
「安かったのに、フライトやホテルを希望通りにできた」の口コミが多い。
スケジュール&値段重視の方にオススメです。

【海外ツアー】大特価バーゲンSALE開催中!!

ルックJTB ハワイ旅行・ツアー

日本語デスク、提携ホテルでの専用ラウンジなど、ソフト面が充実。
家族でのハワイ旅行、ハネムーンの方からの人気が高いです。

年末年始・冬休みツアー特集 開始!
JTBついてる!Hawaiiキャンペーンで楽しもう!

ハワイ旅行におすすめカードマイル使ってお得にハワイ旅行!
ハワイ飛行機&ホテルナビ
タイトルとURLをコピーしました