マイルを貯めて、ハワイ旅行!必要なマイル数は?お得な航空会社をご紹介!

      2017/09/12

「とりあえず貯めている」マイル。ハワイへの無料航空券と交換することができたら嬉しいですよね。

特典航空券の交換に必要なマイル(=ポイント)数など、各航空会社を比較し、わかりやすく説明します。


LCCの就航が少ないからこそ、マイルでハワイに行きたい

東京からハワイ、ホノルル国際空港へは毎日12便以上もの飛行機が往復しています。

安いと評判のLCCは関空からの就航が予定されていますが、エアアジア1社のみ

チケット争奪戦は激しいでしょうから、実際にハワイ旅行を予約するとなると従来の航空会社が選択肢に上がると思います。

ハワイまでの航空会社の選択肢はとても豊富です。

日本の航空会社のANA(全日空)やJAL(日本航空)、

アメリカのユナイテッド航空やデルタ航空、そしてアジア系の航空会社など、選択肢はたくさんです。

ハワイ必要マイル数01

これらの航空会社はそれぞれ「マイレージプログラム」と呼ばれるポイント制度を用意しています。
飛行距離やチケットの購入価格に応じてマイル(=ポイント)が付与されます。

しかしながら、マイル(ポイント)制度はとにかく複雑、分かりにくいのが現状。

何度かハワイへ訪れたことがある友人はいつも「とりあえずためてるけど」「どのくらい貯まるのか分かりにくい」「使い道がない」と言っています。笑

ただでさえ分かりにくいのに、無料航空券には使えない「プレミアムポイント(ANA)」や「フライ・オン・ポイント(JAL)」というポイント制度も並行して用意されていて、複雑さを極めています。

今回はわかりやすく、「とりあえず貯めたマイル」が、どの程度でハワイ往復に使えるのかを見てみましょう。

航空会社別!ハワイ往復、必要なマイル数はこれ!

東京からハワイ(ホノルル)までのマイル交換に必要なマイル数を一覧表にしました。

ANA(全日空)の特典航空券に必要なマイル数

搭乗シーズン エコノミー ビジネス
ローシーズン(閑散期) 35,000マイル 60,000マイル
レギュラーシーズン 40,000マイル 65,000マイル
ハイシーズン(繁忙期) 45,000マイル 70,000マイル

 

 

JAL(日本航空)の特典航空券に必要なマイル数

搭乗シーズン エコノミー ビジネス
変動なし 40,000マイル 60,000マイル

.

HAWAIIAN(ハワイアン航空)の特典航空券に必要なマイル数

搭乗シーズン エコノミー ビジネス
スーパーセイバー 80,000マイル -
セイバー 120,000マイル 130,000マイル
フレックス 160,000マイル 260,000マイル

.

UNITED(ユナイテッド航空)の特典航空券に必要なマイル数

利用航空会社 エコノミー ビジネス ファースト
ユナイテッド便 50,000マイル 80,000マイル 125,000マイル
ANA便で使う場合 50,000マイル 100,000マイル -

.

DELTA(デルタ航空)の特典航空券に必要なマイル数

デルタ航空では、片道ごとの購入が可能です。片道だけ予約するケースは滅多にないと思いますが、
例えば、行きはエコノミー・帰りはビジネスの組み合わせの場合や
行きと帰りでシーズンが異なる場合に便利。「片道ごと予約」という、この考え方が適用されます。
片道の必要マイル数は以下の表の必要マイル数の半分です。

.

搭乗シーズン:
(異なるレベルの組み合わせOK)
エコノミー ビジネス(デルタ・ワン)
レベル1 60,000マイル 100,000マイル
レベル2 75,000マイル 130,000マイル
レベル3 95,000マイル 160,000マイル
レベル4 110,000マイル 200,000マイル
レベル5 130,000マイル 235,000マイル

→足りない!という場合はデルタ航空クレジットカードへの入会で、マイルのプレゼントを狙うというのも良いでしょう。

現在はカード入会で30,000マイルがプレゼントされるキャンペーンを実施中です。

参考記事

詳しくはページ下部で詳細および専用ページを紹介しています。

デルタ・アメリカン・エキスプレス・カード入会で30,000マイル+25,000マイル+上...
2017年8月より、デルタ・アメリカン・エキスプレス・カードの新しい入会キャンペーンが開始されました。それは、入会で30,000マイルのプレゼント+デルタ航空上級会員資...

オススメはJAL。必要マイル数が少なくて狙いやすい

IMG_0190

個人的にお得だと感じるのは日系のJAL(日本航空)の特典。エコノミークラスがお得です。
少ない必要マイル数でホノルルへ往復できるのはなんとも捨てがたいです。しかも、シーズンによるマイル数の変動なし!

東京(羽田・成田)だけでなく中部国際空港など各地から直行便が出ているのも便利です。
マイレージプログラムへの入会は公式サイトから可能です。

ビジネスクラス狙いならデルタ航空がおすすめ

IMGP2965

ビジネスクラス特典を狙うのであれば、デルタ航空がお勧め。

上の表の通り必要マイル数は多めですが、その分、競争率は低いので予約がとりやすいと評判

そのうえ、デルタ航空に空席がなくても、提携をしているチャイナエアラインや大韓航空のハワイ行きビジネスクラスの予約も可能です。

クレジットカード入会でマイルをプレゼントするキャンペーンも行われています。交換までのマイルが少し足りない!という時には使えそうですね。

デルタ・アメリカン・エキスプレス・カード入会で30,000マイル+25,000マイル+上...
2017年8月より、デルタ・アメリカン・エキスプレス・カードの新しい入会キャンペーンが開始されました。それは、入会で30,000マイルのプレゼント+デルタ航空上級会員資...

 - 料金・時間など!ハワイ基礎知識