ちょっぴり贅沢ハワイ!予約前に知りたい、プレミアムエコノミー席を徹底比較!

      2017/09/12

最近、ハワイ旅行で話題の「プレミアムエコノミー」。ハワイ便にも導入が増えてきて、ツアーで見かける機会も多くなりました。
プレミアムエコノミーは従来のエコノミークラスよりもワンランク上の快適サービスを受けることができる、ちょっぴり贅沢なシートです。
ラウンジ利用など空港での優先サービス、ゆったりした座席サービスなどが評判
この記事では、ハワイ路線で乗れるプレミアムエコノミー席を座席・機内食・サービスなどに航空会社を比較しました。


プレミアムエコノミーとは?

プレミアムエコノミー席は「エコノミー以上、ビジネスクラス未満」の新しい座席クラスです。
手ごろな価格エコノミークラスよりも快適なサービスを受けることができるので、ハワイ旅行では人気が上がっています。
プレミアムエコノミー専用の座席が設置されていたり、機内食がちょっぴり豪華だったり、空港ではビジネスクラス用の専用ラウンジが使えたり。
いつもよりも贅沢なハワイ旅行を実現することができます。

プレミアムエコノミーに乗れるハワイ便は限られている

ハワイ行きの飛行機で乗れるプレミアムエコノミー席はJAL(日本航空)、ANA(全日空)、ハワイアン航空、デルタ航空です。
それぞれ足元の広さが違ったり、空港でのサービスが違ったりと多くの個性があります。新しい座席クラスだからこそ、その差は顕著。
航空会社ごとに、提供しているサービスや座席を比較してみましょう。

JAL(日本航空)

JALでは「プレミアムエコノミー」という名前で導入されています。

シェル型シートが人気のJALプレミアムエコノミー

H.I.S.ハワイおすすめの航空会社 より

「前の座席の人がリクライニングして窮屈だった・・・」という感想や口コミが多い、ハワイ旅行。
その心配が要らないのがJALプレミアムエコノミーの「シェル型シート」。
座席がシェルで覆われているので、最大限リクライニングしても前後の人に迷惑がかかりません。一晩を過ごす機内だからこそ、嬉しいシート設計ですね。
他にも、フットレストレッグレストが座席に標準装備されています。エコノミークラスとは大きく違いますね!

日本出発時には各空港で「サクララウンジ」が利用可能。通常はビジネスクラスのお客さんや、お得意様が入室できる専用のラウンジです。
ハワイ出発前のひとときを、ちょっぴり贅沢気分で過ごしてみては?!

プレミアムエコノミー(JAL)の特徴

・リクライニングしてもOK!シェル型シート
・フットレストとレッグレスト装備
・歯ブラシや保湿マスク、スリッパ類のアメニティ
・日本出発時「サクララウンジ」利用可能
・優先搭乗

H.I.S.公式:おすすめのフライト情報より

ANA(全日空)

ANA(全日空)はプレミアムエコノミーという名前で導入しています。

ラウンジ利用やビジネスクラスと同じドリンクが魅力!ANAプレミアムエコノミー

hawaiipynh02

ANA公式:プレミアムエコノミーで行くハワイ より

ハワイ便プレミアムエコノミーの中で、最もビジネスクラスに近いサービスを受けることができるのがANA
座席間隔や幅がゆったりしていることはもちろんのこと、空港での専用ラウンジ利用、機内ではビジネスクラスと同じデザートやアルコール類が提供されています。
スーツケースなど預けた手荷物には優先タグが取り付けられるので、ビジネスクラスの次に荷物を受け取ることができるなど、スムーズな空の旅を楽しむことができます。
口コミだけではなく実際に、ハワイ旅行でANAプレミアムエコノミーを利用した人たちのリピートが多く、予約も取りづらいほど。
日程が決まっているのであれば、早めの予約がオススメです。

hawaiipynh03

プレミアムエコノミー(ANA)の特徴

2016年10月からハワイ・ホノルル路線に導入
・フットレストとレッグレスト装備
・空港で特別な空間「ANAラウンジ」利用可能
・ビジネスクラスと同じワインや日本酒を提供
ビジネスクラスと同じスイーツを提供
・優先搭乗

ANA公式:プレミアムエコノミーで行くハワイ より

ハワイアン航空

ハワイアン航空のプレミアムエコノミーは「エクストラ・コンフォート」という名称。

機内食に気合が入っている、ハワイアン航空エクストラ・コンフォート

H.I.S.ハワイおすすめの航空会社 より

ハワイアン航空プレミアムエコノミークラスで評判が高いのが、オリジナルの機内食
ハワイの有名レストランが監修したメニューなので、味はもちろん。それだけではなく、陶器のお皿で機内食が提供されます。

機内食のメニュー例はこのような感じ。見るからに美味しそうですね!
・マカデミアナッツ入りチキンカツ、パイナップルフライドライス
・季節の野菜、マカロニサラダ
・ココナッツマンゴーケーキ

エクストラ・コンフォート(ハワイアン航空)の特徴

・足元が広々とした座席(エコノミー+12.7cm)
・エキストラコンフォート専用アメニティーキット
・オリジナルの機内食メニュー、食器
・ホノルル空港のセキュリティチェック・優先レーン利用可能

H.I.S.公式:おすすめのフライト情報より

デルタ航空

デルタ航空では「コンフォートプラス」という名前で導入されています。(以前はエコノミーコンフォート)

アメリカンな雰囲気が楽しめると評判のデルタ・コンフォートプラス

H.I.S.ハワイおすすめの航空会社 より

デルタ航空のコンフォートプラスは「アメリカンな雰囲気が楽しめる」と人気が高いです。
通常のエコノミークラスとは違い、機内食でスターバックスのコーヒーや、「サンドイッチ・ラップ」「フローズンヨーグルトバー」が用意されています。
また、リクライニング角度が1.5倍のプレミアムエコノミー座席にはUSB充電ポートが装備。
ハワイ到着前に充電を済ますことができるので、心強いサービスです。

さらに、他社プレミアムエコノミーよりもお手軽な値段もポイント。H.I.S.ハワイツアーの場合、+2万円で往復の座席をプレミアムエコノミーに変更できます。
デルタ・アメリカンエキスプレスカードを保有していると、無料でエコノミーコンフォートに変更することも可能です。

詳細情報→デルタ・アメリカンエキスプレスカード

コンフォートプラス(デルタ航空)の特徴

・エコノミークラス+10cmの足元、1.5倍のリクライニング角度
・プレミアムスナックやスターバックスのコーヒー提供
・USB電源が各座席に装備
優先搭乗
お手ごろな価格でアップグレード

H.I.S.公式:おすすめのフライト情報より

プレミアムエコノミーを活用して、ハワイ旅行をもっと楽しもう!

卒業旅行や新婚旅行、親子での旅行。ハワイ旅行は一生の思い出です。
いつものエコノミークラスに少しの追加料金をプラスするだけで、「楽しかった」「嬉しかった」「また行きたい!」が多くなるかもしれません。
ぜひ、プレミアムエコノミーを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 - エコノミークラスの口コミ, 料金・時間など!ハワイ基礎知識