こんなに違う!ハワイ旅行、ビジネスクラスで行くメリットとは?

      2017/09/12

ハワイ旅行をビジネスクラスで行くメリットは何でしょうか。
実際にビジネスクラスを利用してハワイ往復をした私が、そのメリットやデメリットを紹介します。


ビジネスクラスで行くハワイは疲労度が違う!

p1030327

ハワイにビジネスクラスで行った感想はずばり「全く疲れなかった!」
ビジネスクラスでハワイに行く最大のメリットはハワイ初日も、日本帰国時も疲れが起こらない点だと思います。

ハワイ初日は到着直後からノースショア散策に出かけたり、夕方はワイキキビーチを満喫して過ごせました。帰国後は翌日から仕事でしたが、調子は平気でした。

とにかく、いままでエコノミークラスでハワイに行っていたのが重労働だと感じてしまうほど、疲労度が全然違います。
では、なぜビジネスクラスだと疲れが少ないのでしょうか。その理由を探りたいと思います。

空港も飛行機内も、マイペースで過ごせる!

全く疲れ知らずのハワイ旅行を楽しめた理由には、マイペースでハワイ往復のフライトを過ごせた点にあります。

搭乗手続きは専用カウンターで

imgp0826

空港ではビジネスクラス専用のカウンターがあったので、エコノミークラスの列をショートカットして搭乗手続きを行うことができました。

預けることができる荷物の量も、エコノミークラスよりも多いので安心して預けることができました。(ANAだとエコノミー23kg、ビジネスクラス46kg)

しかも、預けたスーツケースは到着時に一番最初に返却されます。ベルトコンベアの前で長時間待たなくて良かったので、とても良かったです。

出国手続きを済ませたらラウンジでまったり

出国審査や保安検査を済ませると、ビジネスクラス専用の航空会社ラウンジで搭乗までの時間をすごす事ができました。
今まで、クレジットカード提示で利用できる空港ラウンジを利用したことはありましたが、ビジネスクラス専用の航空会社ラウンジはまったく別物です。

搭乗ゲートに近い位置にラウンジがあるので、時間を気にする必要はありませんでした。
また、成田空港ではシャワールームが併設されていたので、サッパリしてから飛行機に乗り込むことができました。


まるでホテル!身体を横にして寝れるシアワセ


H.I.S. ANAビジネスクラスで行く ハワイ より

機内に入ると、ビジネスクラスの1席1席の大きさに感動!
パーテーションで区切られているので、リクライニングしても後ろの人に迷惑がかかりません。

さらに、凄いところは座席を水平までリクライニングできる点。ベッド仕様にすることができ、ホテルかと思ってしまうほど。
寝返りを打つこともできるし、お布団や枕も用意して下さりました。

航空会社によって座席タイプは異なります。
関連記事:ビジネスクラスでハワイ。予約前に確認したい、シートの違いを徹底比較!

すっかりベッドで寝た気分になり、カラダはスッキリ。目を開けると、ハワイに向けて飛行機は高度を下げていました。
島々や綺麗な海が見えて、最高にシアワセな気分でした!!

デメリットは料金

エコノミークラスと比較すると、とにかくメリットだらけのビジネスクラス。
デメリットを探すのは難しいのですが、やはりその料金はネックです。

私が利用したANAビジネスクラスは26万円。結構前に予約したとはいえ、エコノミークラスの3倍以上もの料金でした。
人によって賛否が分かれるところですが、差額を払っても私はビジネスクラスにして良かったと思います。


ハワイ旅行を無駄なく楽しく過ごすことができたし、ストレスを全く感じなかったのが良かったです。
家族連れや小さな子どもが居なかったので、静かにすごす事ができました。あらゆる場面で待ち時間が少なかったのも良かったポイント。

エコノミーとの違いを知ってしまったら、もう戻れない?!

前の座席がリクライニングしてこないか、前後の座席で子ども連れが騒がしくないか、トイレに行く時に横の人を起こさないか・・・。

エコノミークラスではとにかく気疲れしてしまう場面が多いと思いますが、ビジネスクラスに搭乗してしまえば、それらを気にする必要は全くありませんでした!

一度、このうまみを知ってしまうとこれからはビジネスクラスでハワイ往復をしたいなと思ってしまいます。笑

 - 料金・時間など!ハワイ基礎知識