ハワイへのエコノミークラス。サービスと座席の口コミ比較と評判!2017年版

      2017/09/12

ハワイ旅行ではエコノミークラスを使うことがほとんどです。格安ツアーのほとんどはエコノミークラス利用。
機内が快適に過ごせるか、狭くないか、機内食はおいしいか…など気になることは尽きることがありません。
このページでは、クチコミをもとに座席や機内食を比較しました。

また、荷物が多くなりがちのハワイ旅行。無料で預けられるスーツケースの大きさはしっかりとオサえておきたいポイントです。荷物の許容量も比較しました


ANA

安心感に定評あり!ANAでいくハワイ

ハワイエコノミー比較ana

IMG_20150628_130939

H.I.S. 航空会社比較(ANA)より

ANAのエコノミークラス。座席や機内の様子は国内線とほぼ同一です。クチコミでは
「国内旅行のような感覚で安心だった」「機内食はANAがおいしい」と良い評判です。
一方で、機体があまり新しくないために座席・トイレ設備のハード面では評価があまり高くありません。
2016年夏からは最新鋭の飛行機「ボーイング787」での運航が予定されているので、
今後はソフト面もハード面も評判が上がっています。
国内線の乗り継ぎが便利なため、おすすめ航空会社の一つです。ANA SKY TOURでは、往復で1万円の追加で国内各地の空港から乗ることができ、お得です。

ANA(全日空)エコノミークラスの特徴

・羽田と成田発着
・ソフト面のサービスが充実「リゾートプロジェクト」
・無料預け入れ:1個まで(1個当たり23kgまで、かつ3辺の和が158cmまで)

H.I.S. 航空会社比較(ANA)より

 

ハワイアン航空

クチコミで人気の機内食!機内からハワイを感じよう

ハワイエコノミー比較ハワイアン

IMG_9068

H.I.S. 航空会社比較(ハワイアン航空)より

エコノミークラス利用の格安ハワイツアーで最も人気が高い、ハワイアン航空直行便。東京発のハワイアン航空は羽田空港と、2016年からは成田空港にも就航しています。
羽田発着は高い・・・というイメージがありますが、成田発も設定されたことでリーズナブルに乗れるようになりました!
クチコミで多い評価は「CAさんがアロハシャツ姿でフレンドリー」「機内が新しくて清潔、快適だった」という内容。機内食で提供されている、おつまみやハワイの地ビール(無料)が気に入った!という声も。サービスのどれをとっても満足度が高い、人気のハワイアン航空です。

ハワイアン航空 エコノミークラスの特徴

・羽田、関空、札幌発着
・機内食のハワイアンプレートがおいしい
・無料預け入れ:2個(1個当たり23kgまで、かつ3辺の和が157cmまで)

H.I.S. 航空会社比較(ハワイアン航空)より

チャイナエアライン

人気の飛行機「ジャンボジェット」に乗ることが出来る中華航空

ハワイエコノミー比較チャイナエア

H.I.S. 航空会社比較(チャイナエアライン)より

成田空港から1日1便のみがホノルルへ向かう、クチコミでは見かけることの少ないチャイナエアライン。
ハワイを頻繁に訪れる人の間では「格安エコノミー航空券といえばチャイナエアライン」というほど、安さが目立ちます。
「チャイナ」という名前から、中国の航空会社を想像してしまいがちですが、旅行先ランキングでは上位に入る「台湾」の航空会社。サービスは上質です。
特長は、日本国内では乗ることの出来なくなってしまった2階建ての飛行機 ジャンボジェットが使われているという点。大きな機体は安心感がありますし、迫力も。飛行機好きや、子供連れにおすすめです。

チャイナエアライン エコノミークラスの特徴

・時間帯が早いため、現地滞在時間が長め
・迫力のジャンボジェット
・無料預け入れ:2個(1個当たり23kgまで且つ縦・横・高さの和が158cmまで)

H.I.S. 航空会社比較(チャイナエアライン)より

デルタ航空

アメリカンな雰囲気と清潔な機内が人気!

ハワイエコノミー比較デルタ

H.I.S. 航空会社比較(デルタ)より

日本を発着するホノルル路線の中では最も就航地が多くて便利なデルタ航空。東京(成田)、名古屋(中部)、大阪(関空)、福岡空港から直行便でハワイへ行くことができます。便利ですね!
すべての便でビールやワイン、カクテルが無料。さらに、全席で最新のエンターテイメントシステムを利用することも可能。お酒を飲みながら映画鑑賞をしているうちに、あっという間にホノルルです。なんと快適な!口コミでは「アメリカンな雰囲気が好き」「リニューアルされた機内で新しかった」という感想が多く、評判は良いです。

デルタ航空 エコノミークラスの特徴

・全国各地からハワイへ直行便
・機内サービスが充実していて飽きない
・無料預け入れ:1個(23kgまで、かつ縦・横・高さ、3辺の和が157cmまで)

H.I.S. 航空会社比較(デルタ)より

ユナイテッド航空

ユナイテッドはフライト時間がちょうどよく、スケジュールが立てやすい

ハワイエコノミー比較ユナイテッドH.I.S. 航空会社比較(ユナイテッド航空)より

「すべての日本発着便に、日本語の話せるCAが乗務している」がウリ。初めての海外エアラインでも安心です。
フライト時刻がちょうどいいと言う点もおすすめポイント。ハワイ到着は他社便よりも早めの時間、帰国便はホノルルを昼ごろに出発、日本(成田)へ午後4時頃に着きます。スケジュール管理がしやすく、また、乗り継ぎなどにも余裕があります。
口コミでは「フライト時間が良かった」「初日も最終日もハワイを楽しめた」という声が目立ちます。一方、「預けられる荷物が1つだけだったので不便」との評判も。

ユナイテッド航空 エコノミークラスの特徴

・無料預け入れ:1個(重量が23kgまで、かつ3辺の和が157cmまで)

H.I.S. 航空会社比較(ユナイテッド航空)より

JAL(日本航空

JAL は接客サービスのレベルが高く、安心感あり

ハワイエコノミー比較JALH.I.S. 航空会社比較(JAL日本航空)より

ファミリーで行くハワイ旅行おすすめのエアラインはジャル、日本航空です。特に、赤ちゃんと一緒の旅行客からは「バシネット席(赤ちゃん用のシート)を使えたのでストレスが少なかった」「授乳スペースがあったので人目を気にしなくて良かった」、高齢者との旅行では「車イスの手配がスムーズだった」という感想やブログ記事が多いです。口コミでは総じて、「CAさんの気配りがすばらしかった」とサービス面における評価が高いです。

JALエコノミークラスの特徴

・無料預け入れ:2個(1個当たり23kgまで、かつ3辺の和が203cmまで)

H.I.S. 航空会社比較(JAL日本航空)より

大韓航空

大韓航空エコノミーでハワイへ行く人は機内食目当て?!

ハワイエコノミー比較大韓航空

H.I.S. 航空会社比較(大韓航空)より

大韓航空で行くハワイツアーの人気の理由はずばり、機内食。「ビビンバは機内食と思えないほどおいしかった」「韓国料理が目当てで飛行機を選びました」という搭乗記も多いほど。
子供向けのおもちゃサービスが良かったという口コミもあります。無料で預けられる荷物の量が多いこともポイントです。

大韓航空 エコノミークラスの特徴

・無料預け入れ:1個(23kgまで、かつ3辺の和が158cmまで)

H.I.S. 航空会社比較(大韓航空)より

まとめ

CAさんのサービスや子連れ旅行者への配慮にクチコミで人気のANAやJAL、機内食の地ビールが人気のハワイアン航空、アメリカンな雰囲気がたまらないデルタ航空など…。あなたはどの航空会社でハワイ旅行に行きますか。
当サイトではエコノミークラス搭乗記・旅行記を多数公開しています。

■参考リンク

「エコノミークラス搭乗記」では上で比較した、ハワイへのエコノミークラス搭乗記や口コミをまとめています。

大韓航空 搭乗記/ ハワイアン航空 搭乗記/ JAL 搭乗記/ デルタ航空 搭乗記

 - エコノミークラスの口コミ, 料金・時間など!ハワイ基礎知識