コスパが良いハワイ行きビジネスクラスは?!料金を比較しました!

      2017/09/12

さまざまな航空会社が就航する、日本とハワイ(ホノルル)間のフライト。
いざ予約しようとしても、分かりにくいのがサービスの質と料金の関係。
ビジネスクラスを使ってハワイ行きを検討している人に、航空会社ごとに料金を比較しました。最も安くビジネスクラスで行ける航空会社はどこなのか、コスパが良いビジネスクラスはどこなのでしょうか。


ある日のビジネスクラス料金を比較すると…

2017年夏の東京(羽田・成田)~ホノルル間のビジネスクラス往復運賃を比較してみると、このような料金でした。
滞在期間は一週間、東京を土曜日に出発して翌週の土曜日にハワイを出発するスケジュールです。
もっとも一般的なハワイ旅行日程です。
ホテルも同時に手配するツアーの場合も、基本となる航空券部分の価格差は同じですので、ハワイ行きビジネスクラスツアーでも同様の差額があります。

価格提供:HIS海外格安航空券(東京・ハワイ)

その差は実に30万円!ハワイ行きビジネスクラス料金の傾向は

最安値は15万円のチャイナエアライン、最高額は44万円のハワイアン航空。実に3倍もの価格差がありますね。
同じハワイ行きビジネスクラスですが、30万円もの差があると知って驚いた方もいるのではないでしょうか。
これらを踏まえると、(現実的な範囲でw)大きく2つに「ハワイ行きビジネスクラス」を分けることができます。

20万円以下で乗れるビジネスクラス・・・チャイナエアライン、大韓航空
21万円~27万円以下で乗れるビジネスクラス・・・ANA、JAL、デルタ航空、ユナイテッド航空

羽田発、成田発で料金は料金の違いは

「20万円以下で乗れるハワイ行きビジネスクラス」に名が挙がったチャイナエアライン、大韓航空はいずれも成田空港発です。
ハワイ便は羽田空港からも出ているので、心情としてはなるべく都心に近い羽田空港を選びたいところ。
羽田空港と成田空港発では料金の違いはあるのでしょうか。

価格提供:HIS海外格安航空券(東京・ハワイ)

それを比較したのが、上の料金表。その結果は、羽田発ハワイ行きの方が数万円高いという結果に。

ANA羽田発ビジネスクラス・・・25万円(成田+4万円)
JAL羽田発ビジネスクラス・・・32万円(成田+7万円)
◆ハワイアン航空羽田発ビジネスクラス・・・40万円

ハワイ行きのビジネスクラスを予約する場合、時間の都合が合えば成田発を選んだほうがお得ですね。

羽田発でハワイに行くメリットは?

成田発は20時台の出発が多いのに対し、羽田発ハワイ行きは23時台の出発便がメイン。
出発時間が深夜なので、仕事終わりに行くことができるというメリットがあります。
また、都心に近いので都内や神奈川県に住んでいる場合、国内線乗り継ぎがある場合には空港までの移動がラク。

仕事終わりに羽田空港に向かい、疲れた身体を素晴らしいビジネスクラスのサービスで癒し、ベッド状になるフルフラットシートでぐっすり眠れば、ますます魅力的なハワイ旅行ですね!

20万円以下、成田発のハワイ行きビジネスクラスの違い

P1030020

ハワイにビジネスクラスで安く行く選択肢として真っ先に考えられる、20万円以下のビジネスクラス。サービスはどのような具合なのでしょうか。

◆座席・・・シェル型シート(チャイナエア160度、大韓航空180度までリクライニング)
◆機内食・・・台湾、韓国の料理(評判はそこそこ)
◆ラウンジ・・・成田とホノルル空港で専用ラウンジ;一部入室できない格安チケットあり
◆アメニティ・・・チャイナエアラインはLANVANのポーチ入り

この価格帯においてずば抜けた素晴らしいサービスはありませんが、立派な座席は魅力的です。チャイナエアラインのビジネスクラスは座席が水平にならないものの、広々とした空間で快適でした。
エコノミークラスとは比較にならないほど、ハワイ到着初日がラクに過ごせて驚きました。

ハワイにビジネスクラスで安く行くならチャイナエアがおすすめ

お得にビジネスクラスでハワイに行くならば、チャイナエアラインが一番おすすめです。
価格がお手ごろであること、アメニティが充実していることが挙げられます。
また、実際に乗ってみた感想としてチャイナエアラインの台湾流のサービスは日系航空会社に近く、とても丁寧でした。
おすすめできる、お得なハワイ行きビジネスクラスです。

21万円~27万円、成田発ハワイ行きビジネスクラスの違い

imgp0826

この価格帯になると、どの航空会社も座席が水平になるフルフラットシートの導入や、こだわりの機内食サービスが当たり前になっています。
21万円(ユナイテッド・ANA)<25万円(JAL日本航空)<27万円(デルタ)<44万円(ハワイアン)

価格提供:HIS海外格安航空券(東京・ハワイ)

◆座席・・・フルフラット(JAL、ユナイテッド、デルタ、ハワイアン航空)
◆座席・・・シェル型シート(ANA)
◆機内食・・・ハワイ線特別メニュー(ANA)、SKY AUBERGE"BEDD"(JAL)、ハワイ有名シェフ監修(ハワイアン航空)
◆アメニティ・・・TUMI(デルタ)、専用アメニティセット(ユナイテッド)

おすすめはJALビジネスクラス!

価格と座席サービスや機内食の充実度を考えれば、JALビジネスクラスが最もお得ではないでしょうか。
ホノルル線ではアメニティこそ配布されないものの、出発前のサクララウンジでのひとときや、機上とは思えないほど手の込んだ機内食は口コミでも素晴らしいと評判です。
フルフラットシートでの睡眠も期待できます。ゆったりとしたビジネスクラスでのハワイ旅をしたい人に特におすすめです。

予算や目的を決めてからビジネスクラス選びをしよう

お得にハワイ行きビジネスクラスに乗りたい人にはチャイナエアラインが、
成田発でゆったりとした旅をしたい人にはJAL日本航空ビジネスクラスが、
そして羽田発で料金のバランスをとりたい人はANA全日空ビジネスクラスがおすすめです。

上に記載したハワイ行きビジネスクラスの料金は常に変動しています。予約前に、あなたも希望日のハワイ行きビジネスクラス料金をチェックしてみては?!

 - ビジネスクラスの口コミ, 料金・時間など!ハワイ基礎知識