元ハワイ現地スタッフが教える、ハワイ旅行 予約サイトの比較

      2017/05/17

ハワイ旅行を予約するにあたって知っておきたいことは、旅行代理店の用意する現地サービス。ハワイは旅行代理店の競争が激しい地域。さまざまな専用サービスが用意されています。

なかでも、予約時に重視したい点はトロリー、バス、ラウンジの充実度。自分の旅行スタイルにあった旅行代理店を選ぶことで、よりかしこくハワイを楽しむことができます。

ハワイでの勤務経験のある私が、わかりやすく解説します。

IMG_0143

専用サービスを提供している旅行代理店は安心、そして便利!

現地での、専用サービスがある旅行代理店はとにかく「便利」の一言。

その代表サービスは専用トロリー。ワイキキ周辺で展開されているツアー客限定の便利な交通手段です。

鉄道がないハワイは車社会。しかし、ワイキキ周辺では駐車禁止区域が多く、車での移動は向いていません。こんなときに活用したいのがトロリーです。

そして、専用バスはワイキキを出発し遠くの地域までの足。ダイヤモンドヘッドやノースショアといった、遠くの観光スポットを訪れるときに便利な存在です。

■トロリーの運行網が最多!ルックJTB

lookjtb01

ハワイ旅行で圧倒的に人気が高い、JTB。その人気の裏には他社を寄せ付けないほど充実したサポート体制があります。

トロリーの運行は最多の6路線、運行時間が一番長く、かつ本数もかなり多いです。

この運行体制はかなり素晴らしいと思います(→コース詳細)。

よく、他社のツアー参加者から「トロリーチケットの単品販売はないか」と問い合わせがあるのだとか。

実際にJTBのトロリーに乗っていると、他のチケットを持った人が乗り込んできます。(追い返されますが.)

さらに、観光の拠点となるアラモアナ・ショッピングセンターに大きなラウンジがあったり、現地スタッフ(現地採用の人)の日本語が堪能だったりと、ほぼ100%日本語が通じる点も安心のポイントです。

出発までの不安な点を、日本のJTBの支店でも問い合わせができるという点もなかなか良いです。

トロリー路線:6路線、運行時間 8:30 – 23:00、運行間隔 約8分(コース詳細
バス:4路線(’OLI’OLI カイルアシャトル、’OLI’OLIスニーカー、'OLI'OLIスカイウェーブ →コース詳細
ラウンジ:10箇所
■Point■ トロリー、ワイキキ郊外へのバス最多

詳しい情報、最新情報は公式サイトでチェック!

>>ルックJTB公式 ハワイ特集<<

.

■WiFiやラウンジ、他社にないサービスが充実!H.I.S.

lookhis01
H.I.S.の強みはなんといっても、ワイキキ内のWiFiや空港内「レアレアエアポートラウンジ」をはじめとした、かゆいところに手が届くサービス。

トロリーの運行網も充分で、特に代表路線のアラモアナ・ドンキラインは便利そのもの。停留所の数はJTBのトロリーよりも多い(53停留所:2015年現在)ので、さまざまな観光スポットへのアクセスが簡単です。他社にない停留所が多いのも魅力です。(→レアレアトロリー ルート案内)コースを見ていただくと分かるとおり、ちょっとした買い物から観光まで、このトロリーさえあれば事足りてしまうでしょう。

スタッフの対応も満足そのもの。若いスタッフを中心としたメンバーが多いので、気軽に声を掛けやすいというのも良いポイントの一つ。ツアー参加者は学生グループや若いファミリーが多い印象です。

トロリー路線:5路線、運行時間 9:00 – 21:50、運行間隔 約10分(→コース詳細
バス:なし
ラウンジ:1箇所
■Point■ワイキキ内 WiFi無料、空港ラウンジ無料
>>H.I.S. 公式サイトで確認<<
.

■国内線のフライトが無料!JALパック

lookjal01JAL(日本航空)の提供するJALパックには根強いファンが多いです。ファンが多い理由には、航空会社ならではの配慮があります。

上の2社と比べてしまうとサービスが見劣りしてしまいますが、独自のトロリーを運行、その他の足りない部分は専用バスを運行。ダイヤモンドヘッドやノースショア方面へ、3路線のバスを運行しています(コース詳細)。ワイキキ周辺から外に出るのには敷居を感じてしまいがちですが、専用バスがあれば安心。オアフ島のみならず、マウイ島においてもバスの運行があるのは他社にないポイントです。

そして、何といってもラウンジが充実。ハワイ到着日(つまり初日)はフライトがホノルルへ午前着。15時頃に開始されるホテルへのチェックイン時刻まで、時間があいてしまいます。その間の荷物のやり場、そして着替えの場所に困ってしまいます。そんな時、活用できるのがラウンジです。

航空会社だからこそできるサービスに、リピーターが多いのにも納得です。

トロリー路線:2路線、運行時間 9:00 – 21:30、運行間隔 約8分(→コース詳細
バス:3路線
ラウンジ:6箇所
■Point■国内線(各空港→成田、関西空港、中部空港)の追加代金 無料
>>ジャルパック 公式サイトで確認<<

.

旅行代理店の特色を理解して、かしこくハワイへ!

数多くあるハワイツアー、どの旅行代理店で予約すればよいのか悩みがちです。迷ってしまった場合には「専用サービス」の有無、そしてサービス内容を調べてみてください。
必要なサービス、不要なサービスを使い分けることで、あなたにとって一番お得なハワイ旅行を実現することができます。
旅行代理店の特色を知って、かしこくハワイへ行きましょう。
マハロ!

参考リンク:

 - ハワイツアーの口コミ比較, 料金・時間など!ハワイ基礎知識